ピアノ四重奏団アンサンブル・ラロ.

Our members

アンサンブル・ラロ

2004年に結成。ダイアナ・ケトラー(Pf)、アレクサンダー・シトコヴェツキー(Vn)、ラズヴァン・ポポヴィッチ(Vla)、ヘーデンボルク・直樹(Vc)によるピアノ四重奏団を核とした、ヨーロッパで活躍する若手音楽家を交えて構成される室内合奏団。ヨーロッパにおける室内楽の豊かな伝統と、革新的なアプローチを結合することを目指している。アンサンブル・ラロの名前は、ロベルト・シューマンが音楽評論をする際に作り上げた架空の団体「ダヴィッド同盟」の一員、ラロ博士に由来している。
結成以来、ヨーロッパ各地の音楽祭を中心に活躍し、大成功を収めている。中でもバイエルン・ラジオにより収録された演奏はNHKほか、世界各地で放送された。2009年にはウィーン・コンツェルトハウス、2010年にカーネギーホール等にも招聘され、高い評価を得ている。これまでに『Songs and Dances of Life』(2007)、『Canti Drammatici』(2008)、『Anotimpurile – The Seasons』(2009)の3枚のCDがリリースされている。

Diana Ketler

ダイアナ ケトラー

ラトヴィア・リガ出身。11歳でラトヴィア国立交響楽団(ヴァシリー・シナイスキー指揮)との共演でソロ・デビューを果たす。モーツァルテウム音楽院、ロンドン・ロイヤルアカデミーを最優秀で卒業し、2003年には同アカデミー最高名誉賞を受賞。2004年よりキームガウ音楽祭(独)の芸術監督を務めるほか、樫本大進、川畠成道ら日本人演奏家との共演も多く、2007年に遠藤真理とCD録音(エイベックス)も行っている。2008年にはラトビア政府から功績を称えられて表彰を受ける。現在ロンドン・ロイヤルアカデミー教授。各地でマスタークラスを開催し、指導者としての評価も高い。

Alexander Sitkovetsky

アレクサンダー シトコヴェツキー

ロシア・モスクワ出身。8歳でソロ・デビューし、ユーディ・メニューインに見出される。同年メニューイン音楽院に迎えられ、氏と度々共演した。現在ソリストとして世界各地のオーケストラからオファーが絶えない。室内楽の演奏活動にも積極的で、2011年にシトコヴェツキー・ピアノ・トリオを結成するほかラ・フォルジュルネ(仏)や樫本大進が芸術監督を務める赤穂国際音楽祭ル・ポンにも出演。同年「プレミオ・トリオ・ディ・トリエステ国際室内楽コンクール」(伊)優勝。ブリュッセル・フィルハーモニーとの共演のほか、室内楽ではリンカーン・センター(米)への出演やユリア・フィッシャーのプロジェクトなどへも参加している。英国在住。

Razvan Popovici

ラズヴァン ポポヴィッチ

ルーマニア・ブカレスト出身。モーツァルテウム音楽院、パリ音楽院、フライブルク音楽大学を最優秀で卒業。シャンゼリゼ劇場(仏)、ケルン・フィルハーモニー(独)、バーデン・バーデン祝祭劇場(独)にソリストとして、また数々のヨーロッパのオーケストラに客演首席奏者として出演。近年は質の高い室内楽の普及に取り組み、2004年よりキームガウ音楽祭(独)の総合監督、2006年よりブカレスト「SoNoRo」音楽祭の芸術監督を務める。コンサートのプロデュース能力やマスタークラスでの指導力にも優れ、世界各地の多くの音楽家たちから篤い信頼を得ている。ドイツ在住。

Naoki Hedenborg

ヘーデンボルク 直樹

オーストリア・ザルツブルク出身。12歳でモーツァルテウム管弦楽団との共演でソロ・デビュー。13歳からハインリッヒ・シフの下で研鑽を積む。1993年「若い音楽家のための国際チェロコンクール」(伊)優勝、1995年「第2回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」(仙台)銀メダル等。2003年バイエルン放送室内管弦楽団とのハイドンのチェロ協奏曲でウィーン楽友協会大ホールにデビュー。2007年にはアイゼナハ歌劇場(独)のソリスト・イン・レジデンスを務め、音楽総監督の阪哲朗と共に演奏を行った。ウィーン・トーンキュンスラー管弦楽団首席チェロ奏者を経て、2011年にウィーン国立歌劇場管弦楽団入団、2014年よりウィーン・フィルハーモニー管弦楽団正式団員として活躍。2006年より神戸国際芸術祭の音楽顧問を務める。

Our concerts

アンサンブル・ラロ in 東京(予定)

開演: 2018年10月16日(火) 19:00
演奏会場: JTアートホール アフィニス 東京

出演者:
アンサンブル・ラロ

主催:有限責任事業組合アンサンブル・ラロ, ジャパン

アンサンブル・ラロ in 静岡

開演: 2018年10月17日(水) 19:00
演奏会場: サールナートホール 静岡

出演者:
アンサンブル・ラロ

主催:有限責任事業組合アンサンブル・ラロ, ジャパン

アンサンブル・ラロ in 西条

開演: 2018年10月18日(木) 19:00
演奏会場: 西条市総合文化会館小ホール(愛媛)

出演者:
アンサンブル・ラロ

主催:いしづち文化フォレスト

アンサンブル・ラロ in 大垣

開演: 2018年10月20日(土) 開演時間未定
演奏会場: 大垣市スイトピアセンター・音楽堂(岐阜)

出演者:
アンサンブル・ラロ、川田知子

主催:(公財)大垣市文化事業団

スイトピアセンター

アンサンブル・ラロ in 大船渡

開演: 2018年10月21日(日) 開演時間未定
演奏会場: 大船渡市民文化会館リアスホール(岩手)

出演者:
アンサンブル・ラロ

主催:大船渡市民文化会館

大船渡市民文化会館

Diana KetlerAlexander SitkovetskyRazvan PopoviciNaoki HedenborgTomoko Kawada

Our CDs

On Facebook

元国連事務総長・潘基文氏のセンター開設セレモニーでのニコライ・カルテットの演奏です。 See MoreSee Less

Live aus dem Bundeskanzleramt: Festakt zur Eröffnung des "Ban Ki-moon Centre for Global Citizens" (Sprache: Englisch)

View on Facebook

昨年は9 月のHedenborg Trio、12 月の神戸国際芸術祭等、様々なコンサートで皆様にお目にかかる機会を与えてきただきました。ご来場いただきありがとうございました。皆様をおかげをもちまして全て無事に終えることができました。心よりお礼を申し上げます。今年のEnsembleRARO のツアーは10 月16~21 日に東京・静岡・西条(愛媛)・神戸・大垣(岐阜)・大船渡(岩手)を予定しております。(上記の順に巡ります)

また10 月・11 月には直樹と兄・和樹がメンバーであるニコライ・カルテット(弦楽四重奏団)の初来日コンサートとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の公演などもございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ピアノ四重奏団 アンサンブル・ラロ

*今年のウィーン・フィルニューイヤーコンサート2018(元日午後7 時〜NHK(E テレ))の現地ゲストとしてへーデンボルク直樹が出演します。また昨年12/24 のラジオ深夜便(1 時台)にも出演致しました。こちらは1/2頃までHP の「聴き逃しサービス」でお聴きいただける予定です。 See MoreSee Less

View on Facebook

Get in touch with us

Contact us

有限責任事業組合アンサンブル・ラロ,ジャパン

制作:井原麗奈

Your message